topimage

2012-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月イベントHarmony遠足「循環型農業について学ぼう@今村農園さん」参加者募集 - 2012.05.30 Wed

新緑の爽やかな季節が到来しています。
長い梅雨がやってきて、その後はいよいよ生命力溢れる暑い夏がやってきますね!

さてさてHarmony6月イベントの募集を開始します!


6月イベントHarmony遠足「循環型農業について学ぼう@今村農園さん」
RIMG0083_20120530215332.jpg

今回はバスに乗って、八尾町大長谷にある今村農園さんを訪ねます。
大長谷は八尾の秘境。過疎化が進み、わずか80余名が住む山里です。
しかしながら、素晴らしい自然に囲まれたこの地はまさに地上の楽園です。
そしてものすごく魅力的な取り組みをしていらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。

今回お邪魔する今村秀人さんもその一人。
平飼いで、パンの耳や白エビなど自然のものを食べて育った健康な鶏の卵を生産・販売していらっしゃいます。
さらに、その鶏さんの鶏糞を発酵させ、有機野菜の肥料にする「循環型農業」の実践者でもあります。

生物が自然なものを食べ、その糞が地面に還り土壌を豊かにして植物を育て、また生物が食べる。
そんな「自然のあるべき姿」を農業に生かしている、そんな今村さんの取り組みをお聞きしたいと思います。
子どもたちには、雄大な自然とその力を肌とお腹で(笑)感じ取ってもらえればいいな、と思います。

今回の内容は
・有機野菜畑の見学と、収穫体験、それらの野菜を使った野菜ジュースづくり
・鶏舎見学(今ちっちゃなヒヨコちゃんがいます!)希望者はえさやり体験
・今村さんちの平飼い卵と鶏、有機野菜を使ったランチで会食
・今村さんから循環型農業についてのお話を聞く

です。
なかなか買えない、今村さんちのたまごもご希望があれば購入できる…かもしれない(-_-;)


日  時  6月9日(土)
8:25八尾駅発のバスに乗車します。8:15頃までに集合して下さい。
→八尾町島地着(9:12)…現地に直接来られる方は事前に木村までご連絡の上、この時間にお越し下さい。
15:42島地を出発
→16:28八尾駅着、解散

場  所  今村農園さん(八尾町島地。大長谷交流センターより少し行くとログハウス&鶏舎が見えます。) 
定  員  10組
参 加 費 親子1組2000円(ランチ代、バス代を含みます。)パパのご参加など、大人の追加は昼食代として500円いただきます<(_ _)>
持 ち 物 汚れてもいい服装、靴など、必要なものをお持ち下さい。

★申し込み方法★
参加希望の方は6月6日(水)までに、下記までご連絡をお願い致します。(早めにご連絡を戴けると助かります)
ママ・お子さまのお名前、お子さまの年齢、ご住所と電話番号をお知らせください。
連絡先:木村 ayukoza@gmail.com(受付用メルアドです。@は小文字に変えて下さい)まで宜しくお願い致します。


~おまけ~下見&打ち合わせの時の写真です。

収穫したての有機野菜で野菜ジュースをご馳走して下さる今村さん。
RIMG0087_20120530215451.jpg

宮内菜を畑でかじらせていただきました。
全く癖がなくやわらかいのでサラダにさえできそうです。
RIMG0104_20120530215450.jpg

この時のヒヨコちゃんはちょっと大きくなってましたが、遠足の日には新人さんのヒヨコちゃんがいるはず。
超絶カワイイです。
RIMG0081_20120530215449.jpg

今村さんちの鶏とかぼちゃ、自家製のお漬物のランチをいただきました。
RIMG0091_20120530215448.jpg


スポンサーサイト

「棚田で田植えと山菜・たけのこ収穫体験」を実施しました!(後編) - 2012.05.21 Mon

素敵なランチが終わり、みんなでさつまいもと枝豆苗の植え付けをしました。
いつものイベントは半日でランチ食べて解散!なので、途中退席される方も結構いらっしゃるのかなと思っていましたが、子どもたちは全員最後まで全力で遊びきりました(笑)
パパママもくたくたでしたが、「こんなに美味しいごはん、お腹いっぱい食べたら、もう一仕事頑張らんなんよね!」と気を取り直して元気に畑へ向かいました!

畑参加の前には、地元の方がおうちを開放して下さってシャワーやトイレを貸して下さいました。
ひびママもトイレをお借りしました。
「今は空き家なんです」と仰ってましたが、これがまた素敵なおうちなんだ


さつまいも畑に移動して、みんなで苗の植え付けです。
RIMG0170.jpg

マルチ(ビニールの覆い)をしたうねに差し込んでいきます。
RIMG0172.jpg

ここまでしていただいてるので、子どもたちもラクラク植え付けできました♪
RIMG0173.jpg

終わったら枝豆とじゃがいもの畑に移動し、今度は枝豆苗の植え付けです。
RIMG0177_20120521205222.jpg

等間隔にパパたちに苗を並べてもらって、それを地面に植えこみます。
RIMG0179.jpg

穴を掘って、根っこを埋めるのですが…子どもたちは悪戦苦闘(笑)
根っこ出とったら地面にくっつかんよ~
RIMG0181.jpg

RIMG0182.jpg

ジョウロ大人気!
「僕も水まきたい!!」「僕も!!!」
RIMG0184.jpg

RIMG0188.jpg

RIMG0189.jpg

皆最後まで頑張りました!!!


畑の後は、畑のすぐ横で「つくりぶき」の収穫をさせていただきました。
野生の野ブキとはまた違い、茎が親指ほどの太さもある大きなフキです。
RIMG0192.jpg
もちろん大きな葉っぱに子どもたちは大喜び!
ママたちは地元の方に下処理の仕方を教えてもらいましたが上手にできたかな?

最後はたけのこ堀り
もう終わりなのかな?と思っていましたが、とんでもない
大きいのもありますが、食べごろのたけのこが斜面にいーっぱいです!!

Harmony親子も勇んで斜面下へGO。
慣れない手つきで一生懸命たけのこを掘りました。
RIMG0198.jpg
一方で地元の方も次々とたけのこを掘り上げては斜面の上にぽんぽん投げて下さいます。
慣れた手つきと手際の良さに思わず拍手

「コレ見つけたから僕の~」と1本のたけのこから離れないひび(-_-;)
RIMG0194.jpg

急な斜面ですが、子どもたちは池口さんの手を借りて自力で登ってきましたよ!頑張った!!
RIMG0204.jpg


というわけで、田植え体験とたけのこ山菜収穫のイベントが無事終了致しました。

今回は、ハーモニーが河西地区の棚田オーナー制とそのイベントに乗っかって行った行事なのですが、本当に素晴らしい体験をさせていただくことができました。
富山県一ではないかと思われる素晴らしい風景の中、貴重な体験をさせていただきました。
こんな機会はめったにないです。
また、地元の方々が本当に温かく、皆さんが声をかけて下さったり、子どもたちを見守って下さったり、遊んで下さったり…。
農村の文化や行事に触れ、地元の方とこのような交流を持つことができたことが今回一番の収穫だと思っています。
かけがえのない時間を過ごすことができました。
本当にありがとうございました

~おまけ~
①軽トラックの荷台に乗せてもらいました!
軽トラ大人気です(笑)
会長の大窪さんは「軽トラのおじちゃん」と子どもたちにすぐ覚えられてました
RIMG0208.jpg

棚田でも軽トラで記念撮影
RIMG0152.jpg

②勢いよく流れる用水に子どもたち大喜び(-_-;)
親は「危ない~(-_-;)」と冷や冷やしながら傍で注意してみていましたが…
田んぼの時期は、用水も水かさを増して勢いがあるんですよね。
こういうのを見る機会もそういえばないのか~
RIMG0191.jpg

③池口さんが作って下さった笹舟をもらったTちゃん
素敵なプレゼントもらったね!
RIMG0175.jpg

「棚田で田植えと山菜・たけのこ収穫体験」を実施しました!(前編) - 2012.05.20 Sun

最近は雨や雷の日が多くてどうなることかと思っていましたが、今日は素晴らしいお天気に恵まれました
絶好の田植え日和の今日、5月イベント『棚田で田植えと山菜・たけのこ収穫体験』が行われました。
Harmonyから9組の親子、総勢28名が参加しました。

今年Harmonyで、河西活性化協議会さんで毎年実施している棚田オーナーに応募し、棚田3枚と畑3区画をお借りしました。
今日はその田植えイベントの日であり、Harmonyのみんなも他の棚田オーナーさんや地域の方々と、田植えと野菜植え付け、山菜採りとたけのこ堀りを楽しんでまいりました。

まずは開村式!
河西活性化協議会会長の大窪さんと、事務局長池口さんからご挨拶と本日の流れ、注意事項の伝達です。
RIMG0106_20120520200159.jpg

会長の大窪さん
優しいおじいちゃんです
RIMG0107_20120520200159.jpg

自己紹介も終わり、さっそく棚田に向います
それにしても素晴らしい景色です!!!
RIMG0128_20120520201449.jpg

RIMG0121_20120520201448.jpg

早速裸足になって泥や川遊びに夢中の子どもたちです。
RIMG0133.jpg

RIMG0126_20120520201703.jpg

RIMG0125_20120520201703.jpg

田んぼでは、「ワク」という昔ながらの道具で地面に格子模様をつけていらっしゃいました。
この「ワク」、展示されているのを見たことがある人は何人もいらっしゃいましたが、稼働しているのを見たのは皆初めて。
RIMG0122_20120520201916.jpg

こんな風に、格子模様を地面にかいて、稲をクロスしたところに植えることでまっすぐ植えられるようにしているのです。
RIMG0123.jpg

河西地区の女性の方が、植え方を説明して下さいます。
稲の苗を3、4本ずつ、指の第一関節が埋まるくらいまで泥に植えこみます…と実際にやって見せていただきました。
RIMG0135_20120520202124.jpg

すいすいと植えていらっしゃるご様子をみると、とっても簡単そうに見えるのですが…?
RIMG0137.jpg

早速Harmonyのみんなも挑戦です!
田んぼの向こう岸まで植えられるでしょうか?!
RIMG0138_20120520202606.jpg

RIMG0140_20120520202605.jpg

上手な奥様のお手本を見ると簡単そうに見えた田植えですが、これがとっても難しい。
歩いていくと水が濁って格子が分らなくなるうえ、横を足が通ると稲が倒れるのです~。
思うように進まなくてアセアセしました。
RIMG0141.jpg

RIMG0143.jpg

RIMG0146.jpg

おととっ!転んじゃった!!
RIMG0148.jpg

RIMG0149.jpg

午前中いっぱい使って、何とか田んぼ一枚みんなで植えきりました!!!
RIMG0150.jpg

途中でザセツしたひびは泥だんご作りに夢中(-_-;)
RIMG0142.jpg

他の棚田オーナーさんが、山椒の葉を子どもたちにとって下さったり
RIMG0144.jpg

RIMG0145.jpg
途中、河西地区の皆さんで育てていらっしゃるブルーベリー畑を見に行ったりさせてもらいました

みんなで一生懸命働いた後は、美味しい昼食タイムです!
天池という集落のお宮さんで、地元の方が作って下さった美味しいごはんをみんなでご馳走になりました。

バンジュウいっぱいに入った朴葉飯素敵すぎる
RIMG0153.jpg

前回の記事でご紹介した伝統食「朴葉飯」のほかに、おにぎり、ごう汁、おつけもの
RIMG0163.jpg

わらびの塩昆布和え
RIMG0166.jpg

山菜であるコシアブラの天ぷらなど、山の幸をふんだんに使って愛情込めて作って下さった贅沢なお昼ごはんでした。
RIMG0167.jpg

これが噂の朴葉飯。トトロがくれたお土産みたいでしょう?
RIMG0164.jpg

朴葉の中は、甘いお砂糖のはいったきな粉をまぶしたおにぎりです。
きなこのおにぎり?と思うかもしれませんが、おはぎみたいです。お菓子みたくて美味しい
RIMG0169.jpg

子どもたちもお腹をすかせて青空の下でみんなで食べるごはんは格別美味しいみたい
普段よりいっぱいごはんを食べていたみたいです。
中には3個も食べて大人顔負けの食べっぷりのお子さまも(笑)
RIMG0162.jpg

RIMG0156.jpg

RIMG0157.jpg

RIMG0159.jpg

RIMG0160.jpg

RIMG0161.jpg

後編に続きます。

朴葉飯! - 2012.05.08 Tue

朴葉飯(ほおばめし)、ってご存知ですか?
田植えの時期に、八尾や利賀、五箇山などで食べられてきた伝統的な行事食です。

toyama1.jpg
↑朴葉飯です
全国栄養士協議会さんの富山の行事食のページより

【由来】
 田植えが行われる5月頃、田んぼの近くでは朴葉(ほおば)が新緑に色づき始めます。
朴葉は、富山県の五箇山地方では、葉が大きいので昔から食器代わりに使用されました。
香りがよいので今でも使われています。
昔の田植えは、現在のように機械化されておらず、地域の人達が協力して行っていました。
体力と時間がかかる作業であったので、田植え仕事の小昼(こびる)(間食)に野外で簡単に食べることができるものが必要でした。
朴葉には、殺菌作用があるといわれ、おにぎりを腐りにくくしています。
 このように、「朴葉めし」は先人の知恵から生まれたものなのです。


と同ページに掲載されています。

五箇山地方とありますが、八尾町でも同じように、田植えの時期この朴葉飯が食べられてきました。

作り方は、白米のおにぎりにお塩を混ぜたきな粉をまぶし、洗った朴葉でくるんで藁で結んで、完成。
シンプルですが、朴葉のいい香りがご飯に移って、とっても美味しいんですよ!
葉っぱでくるまれ、藁で結ばれたその姿はとっても可愛らしく、初夏の田んぼで食べる朴葉飯はまさにご馳走だと思います。

今回、5月イベントの田植えの時に、河西の皆さんがこの朴葉飯とごう汁をご馳走して下さるそう

こんな素敵な行事食があることを、ぜひ皆さんに知ってもらえたら、そして子どもたちに伝えていけたらなぁと思っています。

5月イベント「棚田で田植えと山菜・たけのこ収穫体験」募集開始です - 2012.05.07 Mon

新緑の爽やかな季節になりましたね~
寒い日や雨の日を挟みながら、それでも季節はだんだんと夏に向ってるんだな~と思う今日この頃です。

さて、今年はHarmonyの5月イベントのご案内です。

5月イベント「棚田で田植えと山菜・たけのこ収穫体験」

今年度、Harmony初の試みとして、富山市八尾町の河西地区というところの棚田を3枚お借りしました。
河西集落さんでは、中山間地活性化と都市住民との交流によるむらづくりの推進のために、棚田オーナー制に取り組んでいらっしゃいます。
今年はここで田植えと稲刈り、野菜の植え付けと収穫にチャレンジしたいと思ってます。
ぜひ、野菜やお米がどうやって育つのか、そして、農業を中心とした山里の生活と文化、人同士のつながりを、一年間を通じて感じていただけたらと思います。

今回は田植えと、さつまいも苗の植え付け後、山菜採りとたけのこの収穫体験をします。
地元の方が昼食もご準備して下さっています♪
ちょっとハードなスケジュールですが、思う存分一日楽しんでいただけたらと思います。

日  時  5月20日(日) 8:30に八尾町のスポーツアリーナに集合、9時に河西公民館(八尾町窪地内)に行き、15時まで
(わかりにくいので、アリーナに一度集合します。朝早いので、遅れそうだったり直接行かれる方はご連絡下さい)

場  所  河西公民館(八尾町窪地内)※畳あります 
定  員  10組
参 加 費 1組2000円(今回ご参加できる大人の人数に制限があるので、大人の人数追加をご希望の方はご相談ください<(_ _)>)
持 ち 物 田んぼに入ってもいい服装、長ぐつ、タオル、雨具、着替え、ナイロン袋、軍手、お茶など
他に必要なものがあればお持ち下さい<(_ _)>
※雨天決行です

★申し込み方法★
参加希望の方は5月13日(日)までに、下記までご連絡をお願い致します。(早めにご連絡を戴けると助かります)
ママ・お子さまのお名前、お子さまの年齢、ご住所と電話番号をお知らせください。
連絡先:木村 ayukoza@gmail.com(@は小文字に変えて下さい)まで宜しくお願い致します

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひびmam

Author:ひびmam
食生活アドバイザー2級、フードコーディネーター3級を持っています。
とやま起業未来塾地域づくりリーダー養成コース4期生。
息子ひび、娘のユカの子育てをしながら、食を通した子育て支援サークル『Harmony』を2009年1月から運営しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

食育子育てサークル『Harmony』の様子 (99)
お知らせ・告知 (106)
Harmonyの理念・目的 (3)
設立・行事実施の準備 (14)
食に関すること (76)
雑記 (57)
とやま起業未来塾 (4)
和が家 (7)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。