topimage

2012-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「八尾でジャガイモ堀り&ブルーベリー摘み取り体験(臨時)」を実施しました - 2012.07.19 Thu

出産予定日が刻々と近づいてきました
ひびの出産からすっかり間があいてしまったため、記憶がないので今のところ怖くないのですが(-_-;)

Harmonyでお借りしている八尾町室牧・河西地区の畑のじゃがいもと、以前からお世話になっている八尾町丸山の竹田さんちのブルーベリーが収穫時期を迎えているとのご連絡をいただきましたので、今までにご参加されたサークルの参加者さんのうちご希望された方々と一緒に収穫に行ってまいりました!
「産まれてたらゴメンネ」企画でしたので、今回はメールでのみ参加者を募りました。

まずはジャガイモ掘りです!
棚田の田植え体験の前に、河西地区の皆さんが植えてくださったじゃがいもはすっかり大きくなっていました。
ひびママ、小学校の時に千坊山でジャガイモ掘りをしましたが、こんなでっかいじゃがいも見たことがありません
まるで絵本『大きなかぶ』のかぶのよう

「茎を全部掴んで、引っ張られや。
おらっちゃで土起こして残りの芋掘ってあげるから」
RIMG0035_20120718125112.jpg

会長の大窪さんに教わりながら、一生懸命イモの茎を引っ張ると…
RIMG0036_20120718125111.jpg

大きいお芋、小さいお芋、さまざまな大きさのお芋がゴロゴロっとつながってきました!!
RIMG0046_20120718125108.jpg

やったーーー!!!
RIMG0037_20120718125110.jpg

RIMG0041_20120718125109.jpg

RIMG0042_20120718125108.jpg

RIMG0049_20120718130010.jpg

RIMG0053_20120718130010.jpg

食べきれないほどのたくさんのじゃがいもをいただいてきました!!!
RIMG0056_20120718130547.jpg

「越中八尾・山里日記」河西棚田オーナー・野菜農園のジャガイモ掘りの記事

子どもたちは大きなお芋にも、地面から次々と現れる虫やカエルたちにも大喜び
前日までの雨でものすごい蒸し暑い日でしたが、親子で収穫を楽しむことができました。
河西地区の皆さま、ありがとうございました!


ジャガイモ掘りの後と、後日数回にわたり、八尾町丸山のブルーベリー農家竹田さんちを訪ねました。
Harmonyでお邪魔するのは2年ぶりです。
RIMG0060_20120718131638.jpg

ブルーベリーを摘み取る際の注意点や、美味しいプルーベリーの見分け方などを教えていただきました。
RIMG0061_20120718131637.jpg

RIMG0031_20120718133446.jpg

RIMG0033_20120718133445.jpg

RIMG0034_20120718133444.jpg


先日打ち合わせにお邪魔した際、うっかりシナンタロウ(死なん太郎)ことイラガに刺されてしまったひび
anzu_i.jpg
ⓒhttp://www.ne.jp/asahi/hamamatsu/seiji/tree/a/anzu.html
↑ひびを刺したヤツ

↓新たに出現したムラサキイラガの幼虫。サンプルとして竹田さんが捕獲してくださってました
RIMG0059_20120718131636.jpg
子どもたちに危険がないように、ハチやイラガの幼虫の駆除を事前にして下さっていたそうです。
なので、子どもたちは誰もけがをすることなく美味しいブルーベリーを堪能することができました<(_ _)>

甘くて美味しい完熟ブルーベリーの味は未知の味!
市販の冷凍ブルーベリーはもちろんのこと、お店で売っている市販の生ブルーベリーとも格段の味の違いです。
「美味しい!」「こんなの食べたことない!」とママもお子様も大絶賛です。
RIMG0063_20120718131635.jpg

「食べつくすぞー」とお気に入りの甘い木を選んでむしゃむしゃ食べる子どもたち
RIMG0064_20120718131634.jpg

RIMG0065_20120718131633.jpg

味の違いは、本当の完熟ブルーベリーだからです。
本当に完熟したものは、傷みが早く潰れやすいのでお店には出せないのだということでした。
お店にだされるのは完熟の一歩手前。
傷がなく、適度な固さの実でないとダメだそうです。
私たちが摘み取りで食べさせていただいたものの中には、皮に傷があったり、多少割れたりしているものももちろんありますが、そういう理由で格段に美味しい!のです。
皆おなかいっぱいごちそうになって、竹田さんちを後にしました。
竹田さん美味しいブルーベリーごちそうさまでした
スポンサーサイト

「氷見・稲積で梅干し作り見学」(雨天のため内容が変更になりました)を実施しました - 2012.07.18 Wed

さる7月7日の七夕の日、「氷見・稲積で梅干し作り見学」イベントをJA氷見市稲積支局さんと稲積好梅サークルの皆さんのご協力のもと、実施させていただきました
当日は9組の親子(26人)が参加しました。

当日は残念ながら雨
雨というか前日まですごい嵐…
当初の予定では、稲積梅発祥の地道渕さん宅にお邪魔して梅摘み取り体験の予定でしたが、こちらがご都合により実施できなくなったため、無理を言って好梅サークルさん代表の木谷さん宅の梅林で梅摘み体験をさせていただくことになっていました。

この雨で傾斜面での梅摘みは危険ということで、今回は梅摘み体験は中止に
そのかわりに、今一番忙しい好梅サークルさんの梅干し作りの様子を見学させていただきました!

↓赤紫蘇の葉を皆さんで摘んでおられました。
葉は塩でもんで灰汁をとり、梅酢につけると真っ赤になります
まるで手品のようなんですよ~
梅を赤く染めるのに使います。
RIMG0013_20120718111138.jpg

お天気が良くなくても関係なしです。
皆さんで仲良く、忙しく手を動かしていらっしゃいました。
RIMG0014_20120718111137.jpg
葉っぱを摘んでしまった後の茎は、まくらにしたりお茶にしたりするんですって
紫蘇の香りの枕ってどんなんなんだろう…

「さあさあ、おやつにぜひ食べていってね!」
と到着早々、好梅サークルの方が、参加者さんたちに梅の甘露煮を振舞ってくださいました。
甘くって酸っぱくってとっても美味しい!!!
「今日梅摘みに行ってたら、こんなに美味しいの食べられなかったんだから!」
そう仰ってみんなを慰めてくださいました。
RIMG0018_20120718113305.jpg

RIMG0015_20120718113304.jpg

夏バテもジメジメも吹っ飛びそうなさわやか味。
「作り方は内緒なんだけど(笑)、疲れて帰ってきた人たちやお仕事の合間に、皆さんにお出ししてるのよ」
本当に美味しいです
RIMG0017_20120718113303.jpg

「皆さんよくいらっしゃいました!こちらへどうぞ!!!」
と、奥の倉庫に案内してくださったのはJA氷見支局長さんの柿谷さん。
harmonyの活動当初から、氷見での活動にずっとご協力をしてくださって、本当に感謝しています。
今回もお忙しい中、道渕さん宅や好梅サークルさんに声をかけてくださって、企画を実施することができました。
本当に感謝です(もはや何とお礼を申してよいやらわからないくらいお世話になっています)。

子どもたちは高く積み上げられた袋に目をパチクリ
「これなーにー?」
「これはお米です。ここ涼しいでしょ?お米を一定の温度で管理する倉庫です」
ひんやり湿気のないお米の倉庫で、好梅サークルさんの取り組みや商品を実際に見せていただき、お話を伺いました。
RIMG0026_20120718115109.jpg

無添加の梅干しやゆかり、梅ジャムなど魅力的な商品がずらり
JA氷見市さんの氷見産はと麦茶をごちそうになりながら、梅仕事のプロにお話を伺えるとあって、たくさんのご質問をしていらっしゃいました。
RIMG0024_20120718115018.jpg

RIMG0026_20120718120033.jpg

RIMG0027_20120718120032.jpg

こちらは廣貫堂さんとJA氷見市さんで開発されたはと麦ドリンク「透白美人enrich」。
こちらも試飲させていただきました。
栄養ドリンクのような感じで飲みやすい
シミやそばかすが気になり始めたママたちはもちろん、水イボが気になるウチの息子も興味津々でした(笑)
RIMG0028_20120718120031.jpg

RIMG0030_20120718120029.jpg

秘伝の梅甘露煮の作り方やジュースの作り方などを特別に教えていただいて、皆さん「作るぞー!!!」と意欲満々。
稲積梅のお土産3キロのほか、さらにおまけの梅までいただいてしまいました。
お家に帰ってから、梅ジュースや梅酒、梅干し、梅ジャム、梅サワー、梅の酵素ドリンクなどなどそれぞれ思う存分梅仕事を堪能されたようでした

1年で一番お忙しいこの時期に、本当にありがとうございました。
子どもたちも毎年氷見に来るのが楽しみになっているようです。
そして、スーパーでも時期になると福井産や和歌山産の梅が出回りますが、「やっぱり氷見の稲積梅で梅干しやジュースを作りたいです!」とすっかり稲積梅のファンになってしまい、「今年は氷見行けませんか?!」と声をかけてくださるお母さんたちの多いこと。
氷見・稲積地区の皆さんの温かいお心遣いのおかげで、みんなにとってかけがえのない思い出になっていると感じます。
柿谷さん、好梅サークルの皆さま、本当にありがとうございました


pcを買いましたorz - 2012.07.17 Tue

更新いっぱいあるのにpcが壊れて何にもできずorz
Ipadもあるんだけど、やっぱりネットサーフィン以外はやりにくいのでした…
写真はいつもデジカメだし
言い訳かしら(-_-;)

とりあえず、新しいPCが来て、データの移し替えとかやらないといけないこといっぱいあるけど、ワクワクしてます。
うーれしーいなー

米ぬかふりかけ教室に参加しました♪ - 2012.07.02 Mon

ついにお仕事が終了し、7月から専業主婦になりました。
とっても忙しい職場だったのですが、いざ終わってみると…やっぱり淋しい
きっと出産まではあっという間!なのでしょうが、今はこの空いた時間をどう過ごそうか…悩ましいです

そうそう、職場(婦負森林組合木材加工センターさん)にお願いして、パーゴラと木製のフェンスを作ってもらいました。(すっごい素敵になりました!!)
今日塗装の工事が完了したら、工事が終了になります。
暫くはガーデニング&洗濯&掃除に燃えようかな~と思います。
おぉ、主婦みたい(笑)


さて、産休に入ったら今まで出来なかったことをするぞー!と思い、なかなか参加できなかった「米ぬかふりかけ教室」@Cafeくるちゃさんに参加してきました!

この米ぬかふりかけ、体にいいのはもちろんのこと(有機無農薬の玄米を精白する時に出る米ぬかを使っていらっしゃいます。まさに栄養の宝庫!)、何よりとーーーーーーっても美味しいんです!!!
前はカフェゴッコさんかくるちゃさんに行けば買えたのですが、小売はやめてしまわれたとのこと…
この米ぬかふりかけひと瓶がお土産についてくると聞けば行くしかありません!!

↓こだわりの材料。米ぬかだけでなく、ほとんどの材料が富山県産で、体に優しく美味しいものを使っていらっしゃいます。
鰹節、にぼし、昆布、白エビ、青のり、ごま、そして米ぬか。
カルシウムたっぷりで子どもやママにいっぱい食べてほしいです。
RIMG0143_20120702105545.jpg

開発者の吉田さんにお話を伺いながら、ふりかけを作っていきます。
RIMG0142_20120702105544.jpg

順番通り、ひたすら炒る!炒る!!
出来上がり後は、3ぶづき米まで精白した有機無農薬のお米に、完成したふりかけをかけて試食タイム。
お昼ご飯を食べてきたのに、あまりの美味しさに丼1杯分のごはんをペロリと完食です(苦笑)



吉田さんのお話の中で、
「皆さんがどこで着地点を見つけるか」というお話がありました。

ひびママは、無理をせず、家族のために、続けられることを。
そして、全体を見渡して、トータルでバランスが取れればいいのではないか。
その着地点は人によってそれぞれだと思うのですが、自分の着地点を見つけられるだけの知識と目を養ってほしいと考えています。
それが食育のひとつだというスタンスで来ています。
なので、吉田さんから「着地点」という言葉をお聞きした時に「そう!!!」と言いそうになりました。
(実は違う意味だったらどうしよう(-_-;))

吉田さんのふりかけ講座は、私自身思うところもたくさんあっていい刺激になりました。
そしてお土産ひと瓶に大満足です(笑)
ひびと一緒に、モリモリ食べようと思います!


追伸
吉田さんのふりかけ講座は、定期的にくるちゃさんで開催されています。
また、吉田さんは総曲輪の「地場もんや」のキッチンスペースで「女子ふりかけ部」を結成され、月1回ふりかけをつくる会を開かれています。
ぜひぜひ一度、参加してみて下さい!!

イベント「親子で稲積梅摘み取り体験@道渕家」参加者募集  - 2012.07.01 Sun

今村さん編がおもしろ過ぎて最後のまとめに四苦八苦しており途中になっていてすみません
書き終わってからブログに募集記事を掲載するぞ!と思っていたのですが、やっぱり先に載せちゃいます。


「親子で稲積梅摘み取り体験@道渕家」

氷見市の特産「稲積梅」の摘み取り体験を、昨年もお世話になりました道渕浩さんの梅園でさせていただくことになりました。
「稲積梅」は富山県の固有種の梅です。
「富山県の気候にあったよく育つ梅の木はないか」と県内中、足を棒にして探しまわっていた県農業試験場の方が氷見市上稲積の道渕家の
梅園にたどり着き、ようやくここで「理想の梅の木」を発見して苦労が報われたという経緯がこの梅にはあります。昭和21年のことだそうです。
今では氷見市の特産品として有名になりましたね。
稲積梅は果肉が厚く、種離れがよい食用に適した品種。梅酒(梅ジュース)にしてよし、梅干しにしてよしの万能選手です。

この稲積梅発祥の地で、稲積梅を採らせていただき、選果作業までしていただいてお持ち帰りしていただきます。
なお今年は梅干しづくりのイベントがありませんが、ご希望の方にはレシピをお渡しします。

日  時  7月7日(土) 13:00~
場  所  JA氷見市稲積支局さんに現地集合 
定  員  10組
参 加 費 1組1800円(今回昼食はつきませんが、収穫した稲積梅3キロをお持ち帰りしていただけます。追加、もっと少量でもいいなど、ご相談に応じます)
持 ち 物 汚れてもいい服装、長靴など、必要なものをお持ち下さい。

★申し込み方法★
参加希望の方は7月4日(水)までに、下記までご連絡をお願い致します。(早めにご連絡を戴けると助かります)
ママ・お子さまのお名前、お子さまの年齢、ご住所と電話番号をお知らせください。
連絡先:木村 ayukoza@gmail.com(@は小文字に変えて下さいね!受付用メルアドです。ニフティは送信専用ですので、こちらに送っていただけると助かります。)まで宜しくお願い致します。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ひびmam

Author:ひびmam
食生活アドバイザー2級、フードコーディネーター3級を持っています。
とやま起業未来塾地域づくりリーダー養成コース4期生。
息子ひび、娘のユカの子育てをしながら、食を通した子育て支援サークル『Harmony』を2009年1月から運営しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

食育子育てサークル『Harmony』の様子 (99)
お知らせ・告知 (106)
Harmonyの理念・目的 (3)
設立・行事実施の準備 (14)
食に関すること (76)
雑記 (57)
とやま起業未来塾 (4)
和が家 (7)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。